ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)

2009年09月24日

サマーウォーズ 論説

キーワード
サマーウォーズ 時をかける少女 細田守 アニメ 映画 オズ

お盆の時期に観た映画「サマーウォーズ」
そろそろ公開も終わっているところが多いでしょうか?
今回はその論評・感想的なものを。
観たのは1ヶ月以上前ですが、見た直後に書いたメモを元に
書いているので新鮮な気持ちを維持できているかと。
今回はとりあえず総論。各論は書く気になれば書くかも
この記事自体、公開後も改変していく気がします。

sumerw0002.jpg

単純に健二を中心にした物語というよりは
主人公が複数存在する群像劇、というのが一番わかりやすい表現になるだろう。
人と人とのつながりがテーマ(おそらく)である分、各人の心理描写は欠かせない部分ではある。主人公の視点だけでは一方通行でつながりとはいえない。
ただ、多数の出演キャラの中で、なつき・カズマ・侘助・健二とそれぞれを掘り下げて描く手法が、出演キャラ全員を立たすという役割を果たしたが、
それと同時に各人物のエピソードが途切れ途切れな印象になったかも。
感動という面では大きな山を登りきるというよりは、中くらいの山が連なっているような感じ。
本来は栄おばあちゃんの存在感でそれらを1つのピークに向かって収束させているのだろうが、大家族や親族のあつまりを知らない現代人にはぴんとこない人もいるかも。
ただそうであるからこそ、感じたことのない人と人の繋がりや「おばあちゃん」という存在にノスタルジアや感動を覚える人もいるのかと。
ハリウッドのような階段を駆け上ってくような滑らかでわかりやすい盛り上がり感はないけど、各個人の心の機微への着目は秀逸。
ただ、オズ(仮想空間)内の展開がわかりやすいアクションなだけに、現実世界での微妙な人心の描写はわかりにくさ・歯切れの悪さに繋がるかも。
まあでもおばあちゃん子の僕は充分感動させられた。
実際おばあちゃんと花札やったことあるので。
ただ1点、終始描かれる高校野球の描写は必要なのか?
パソコンとかに疎い視聴者に現状を知らせるため?

※この作品の鑑賞前には花札のルールを確認されることをお勧めします。
無論知らなくても十分楽しめますが、知っていた方がいいかと。


サマーウォーズ公式サイト

sumerw0001.jpg
posted by Ty at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128701120

この記事へのトラックバック
ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。