ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)

2010年02月07日

カシオ Gショックデジカメ「EX−G1」

キーワード
カシオ CASIO Gショック デジカメ EX-G1 防水デジカメ 
パナソニック ペンタックス 富士 μ オリンパス G-SHOCK
EXLIM イクシリム


カシオの発表した
Gショックデジカメ”EXLIM−G”「EX-G1」
前回はプロローグだけだったが、今回はスペック面も含め
詳細に見ていこう目

前回の記事

”Gショック”のブランドを冠するだけあって
タフネスさに力を入れているようだパンチ

・防水性能
 JIS/IEC防水保護等級8級(IPX8)及び6級(IPX6)相当
 >水深3メートルで60分の連続使用が可能で、あらゆる方向からの直接噴流に耐える

・耐衝撃性能
 高さ2.13メートルからの落下に耐える

・防塵性能
 :JIS/IEC防塵保護等級6級(IP6X)相当

・耐低温性性能
 マイナス10℃の環境でも利用可能

続いてカメラとしての基本性能
・サイズ:103.5x64.2x19.9mm
・1210万画素exclamation
・顔認証搭載
・逆光補正
・動画:高精度モード(WIDE):848x480(30fps)
・バッテリー:撮影枚数(CIPA規格準拠) 約300枚

開発コンセプトは
「Endurance」(耐久性、持久力)
らしい。
防水雨だけでなくタフネス・耐久という言葉から連想される世界観を
作り出したいらしい。

実際、防水性能だけを取ってみれば、
現在ではオリンパスのμ(ミュー)シリーズから10m防水も発売されている。
耐寒性能があるものもある。

しかし、耐衝撃性の強化や防塵性能など
総合的な”タフネス”さ
を兼ね備えており、
どんな場面でも活躍できるカメラと言えるだろう。

デジカメとしての基本性能は平均かそのちょっとしたくらい。
カシオのデジカメ分野での主力ブランド”EXLIM”にも搭載している
EXLIMエンジン4を搭載し、画素も1000万越え。
しかし、手振れ補正手(パー)が光学補正ではなく
”手が止まった瞬間をセンサーが感知し、ブレをなくす”
といった独特のもの。
今後の主流になりえるかexclamation&question
もちろんISO3200まで対応。ある程度シャッタスピードも早くできる。
動画はハイビジョンではないですが、まあ充分でしょう。

さてカシオはどんな場面での使用を提案しているのか?
それは製品発表会に呼んだゲストが
・フリークライマー
・スノーボーダー
・BMXライダー

であることからも読み取れる

@耐衝撃性を活かし、がつがつ岩にあたるようなクライミングや
それに準ずるコンタクトアウトドア。
A耐寒性能と耐衝撃性、防水性を活かし、スノボ中のシャッターチャンスを逃さない。
B耐衝撃性を活かしお尻ポケットに入れたままBMXに乗れることから、
どこにでももっていけ、すばやくシャッターを押せる携帯性を訴求。



耐久性ならではの携帯性
への訴求は、トレンドとはいえ魅かれます。

個人的には水&衝撃ということでキャニオニングなんかにも
オススメですねわーい(嬉しい顔)

ラフティングなど流れの激しい川では、
水深3mに達せずとも瞬間的にそれ以上の圧力がかかることがありますあせあせ(飛び散る汗)
できれば次のモデルチェンジでは、防水性能を最低でも5mにしてほしいですね右斜め上

EX−G1特設サイトへのリンク


ラベル:デジカメ
posted by Ty at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 工学(デジタル家電等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。