ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)

2011年12月31日

マスコミもここまで落ちたか

今年の報道を見てると、(前からだがさらに)ホントに情けないマスコミになった。

ことの真相をあぶり出すという姿勢ではなく、発言の揚げ足取りばかり。

低レベルすぎる。



鉢呂さんのいわゆる「放射能つけちゃうぞ」事件一つをとっても

★朝日新聞 『記者団に「放射能をつけちゃうぞ」と発言し ていた』

★産経新聞 『記者に防災服の袖をすりつけるしぐさをし 「放射能をうつしてやる」などと発言した』

★FNN 『防災服の袖を取材記者の服になすりつけて、 「放射能を分けてやるよ」などと話し』

★毎日新聞 『報道陣に対し「放射能をつけたぞ」との発 言』

★日経新聞 『報道陣の1人に袖をすりつけ「放射能をつけ てやろうか」と冗談まじりに述べた』

というように肝心の発言部分が各社バラバラ。

ホントに発言があったのかと思うほどだ。

おそらくそのような発言があったのだろうが

こんなに信憑性が低く、なんの記録にも記憶にも残ってないようなことで騒ぎ立てるとは・・・。

自らの取材力不足をさらけ出しているだけなのに情けない。


そもそも鉢呂氏は放射能に関するモラルは高く

「(被災地戻りで)放射能着いてるんしゃないですか?」

と言われた事に対して少し憤り、件の発言をしたと言われる。

問題の本質は何か?


「放射能つけた」を言い出し、鉢呂氏を辞任に追い込んだのはY、経産省幹部の言い訳を載せたのはN、辞任会見のヤクザもどきはB。

少し調べれば実名で出てますが。





揚げ足取り以外でも

フジテレビが
「また放射能かよ」「笑えて来た」の音声が混じり

東海テレビでは「怪しいお米セシウムさん」事件をやらかしてくれた。



また、震災報道でも

家族を洪水で失って泣きじゃくってる人に対して執拗に

「今のお気持ちは?」と言い寄り

幼児死亡届専門窓口に来た母親に対して

「今日はどういった用件でこられたんですか?」

とインタビュー。

そんなもん、我が子の死亡届を出しにきたしかありえません。

挙げ句の果てに

「お気持ちは?」

と聞く始末。救いようがない。


情報源は大手マスコミが多いけど、それを鵜呑みにするのではなく

自分で咀嚼し真贋を見る目を養わないといけないなあと改めて実感させられました。
posted by Ty at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。