ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)

2007年03月03日

検証45 東京都知事選民主党のこれまでとこれから

キーワード
東京都知事選 自民党 石原慎太郎 民主党 浅野史郎 海江田万里

吉田万三 黒川紀章 小沢一郎 管直人 鳩山由紀夫 




4月8日投開票の東京都知事選での

民主党の候補者探しが混迷している。

現在は元宮城県知事の浅野史郎氏でほぼ固まったようだが

海江田万里氏を推す声も根強い。

この背景にあるのは何なのかexclamation&question




まずはここまでの流れを整理する

まず、都知事選に向け石原慎太郎現都知事が

一番最初に出馬表明をした。

その後、共産党も元足立区長の吉田万三氏の擁立をきめた


そして民主党の候補は誰かということが焦点目になったのだが、

これが中々決まらない。

候補者として名が挙がった人を並べると


筑紫哲也(ニュースキャスター・よく自分の名をかむふらふら

鳥越俊太郎(ニュースキャスター)

北川正恭(前三重県知事・マニフェスト提唱者)

浅野史郎(前宮城県知事・改革派として有名)

管直人

水島広子

蓮ぽう(元キャスター)

小宮山洋子(元キャスター)

円より子(民主党都連代表)

山田宏(杉並区長)

海江田万里


等である。

管直人以降の人物は民主党議員(元も含め)である。



彼らの名が浮かんでは消える間に

世界的に著名な建築家の黒川紀章氏が出馬表明をした。

しかし、彼の動機は石原氏の引退の花道を作るというもので

「石原氏が出馬しないなら出ない。

でも彼はきっと出馬するだろうから私も出る。」


という意味がよくわからないものだったたらーっ(汗)

民主党としても彼を推薦するわけにはいかなかったたらーっ(汗)



話は民主党の候補者探しに戻る。

当初民主党は著名人TVを中心に擁立を模索していた。

しかし、行政経験者がいいという意見も強くなり

前宮城県知事や前三重県知事の名が挙がった。

しかし、どんどん断られ

最終的に党内部から出すしかないという気運が高まりグッド(上向き矢印)

管直人

その他知名度のある民主党関係者の名が挙がってきたわけである

しかし、民主党としても小沢・管・鳩山というトロイカ体制

崩すわけにもいかない。

しかし、その他の候補では絶対に勝てないというジレンマもあり、

管氏自信が強く立候補を否定ふらふらしたことで

管氏の線は消え、

代わりに元民主党衆議院議員で前の選挙で落選した

海江田万里氏の名が挙がってきたわけである

彼はテレビ番組TVにも数多く出演し、知名度は高いるんるん

「東京都知事は党内部からexclamation

という声が根強い
こともあり、彼が本命視されていた。

私も彼かなと思っていたわーい(嬉しい顔)



ところが、であるexclamation×2

2月28日、

前宮城県知事で改革派知事といわれ、

一度名が挙がるも本人が出馬を断っていた浅野史郎氏

事実上の出馬表明をしたのであるexclamation×2


きっかけはその数日前に開かれた

「浅野氏のハートに火をつける会」

である

これに少しだけ出席した浅野氏は

感激を受け多少涙ぐんでたらーっ(汗)もいた。

こんなんで気持ちが変わるのかな?と思っていたら

完全に変わってしまったようだあせあせ(飛び散る汗)



物語はまだ終わらない・・・

この浅野氏の出馬表明で

民主党の都知事選候補擁立も

終わったかなバッド(下向き矢印)と思えたのだが、

浅野氏が実質的出馬表明をした翌日

海江田氏擁立という報道があったのであるexclamation×2


以下次号。



posted by Ty at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。