ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)

2007年04月20日

地上波デジタル コピーワンス解除!?

キーワード
地上波デジタル放送 地デジ コピーワンス 総務省

著作権者 DVDレコーダー 録画回数 海賊版



地上波デジタル放送の録画回数をめぐって議論が白熱している。


現在、デジタル放送は1回だけコピーができる

「コピーワンス」と呼ばれる仕組みだ。

ただこれはダビング自由だったビデオとは大きくことなり、

消費者からの反発も大きい。


そこで現在総務省が取りまとめ役となり、

制限緩和の方向で、この制度の見直しのための議論が行われている。



コピー回数に関する各陣営の主張

映画会社は1回、

放送局はできるだけ制限をかける、

メーカーはレコーダーが売れるように制限なし

を主張している。

そして、

総務省がコピー回数を数〜10回にするという案を出している。


本来なら今年の3月に結論をだすはずだったが全くまとまらず

それは延期された。


四月以降の話し合いでも議論は平行線。

映画作成関係者から

「そのそもなぜハードディスクから他のメディアに

ダビングする必要があるのかわからない」

という発言もあり、議論は進展していない。


消費者がこの議論の行方を見守り、

ブルーレイとHDDVDの次世代DVD規格争いと相まって、

DVDレコーダーの買い控えがおきている。

実際、好調な家電市場において、

DVDレコーダーだけが売り上げが不調だ。

早いとこ決めてほしい。



個人的にはコピー回数5回でいい。

1回はすぐに残余回数がなくなり明らかに不便。

失敗してもやり直せない。

かといって無制限では多くの海賊版ソフトが

ほとんど手間をかけることなく作られ広まる。

それは著作権者には耐えられないだろう。

今までの人生で1つの番組を5回もダビングしたことがないので、

5回あれば十分だと考える。



posted by Ty at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 工学(デジタル家電等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。