ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)

2007年05月06日

マイクロソフトとヤフーが合併交渉(ネット事業)

キーワード
マイクロソフト ヤフー グーグル(google) 

インターネット 検索連動型広告 オーバーチュア 

ダブルクリック アフィリエイト 合併



米マイクロソフトとヤフーが合併を含む提携交渉を進めていることが4日明らかになった。インターネット事業で急成長するグーグルに共同で対抗する狙い。実現すれば米検索サービスでのシェアは約4割と一大勢力となり、グーグルの独走が続いてきたネット業界の勢力図は大きく塗り替わる。

 複数の欧米メディアが同日報じた。報道によると、交渉は初期の段階にあり決裂する可能性もある。合併ではなく、マイクロソフトがネット事業をヤフーと統合し、ヤフーに出資する方式なども検討されているという。マイクロソフトのネット事業とヤフーの売上高を単純合計すると年間で90億ドル(約1兆円)弱となり、約100億ドルのグーグルと肩を並べる。




マイクロソフトとグーグルの合併話

ネット事業のみとはいえ、そんなでかい所同士がexclamation&question

と思ったが結構ありえる。

ただここへ来て

「断念」もうやだ〜(悲しい顔)の報道が複数でされている。




現在、ネット広告事業では

グーグルが検索語句関連広告表示機能の技術力で

シェア48%を占める。


マイクロソフトヤフーはともに20%前後と、

ダブルスコアexclamationをつけられている。

技術力からみてもグーグルとの差は大きいふらふら


さらにグーグル

ネット広告大手のダブルクリック

という会社を買収して攻勢パンチに出ている。


ヤフーも検索連動型広告強化のために

サーチエンジンマネジメント大手の

Overture

との関係を強めているが、

MSもヤフーも

単独での盛り返しグッド(上向き矢印)は難しい状況雨だった。





そこで今回の合併話が出たのだろうが、

どうやら決裂しているらしい。


しかし、先ほども書いたように

単独でのてこ入れは難しく、

合併以外での協力手(パー)手(パー)も模索しているようだ。
posted by Ty at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40963134

この記事へのトラックバック
ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。