ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)

2008年11月01日

小歩危1日ツアー(31日)

キーワード
ラフティング 大歩危 小歩危 高知県 徳島県 吉野川 アウトドア

四国生活、とりあえず最終日もうやだ〜(悲しい顔)

今日は小歩危1日ツアー

水位が大豊で3cmと、

またぐっと減りバッド(下向き矢印)ました。

体感的には12〜24cmあたりはあんまり大差なかったんですが

今日はかなり水が減ったバッド(下向き矢印)気がしました。


実際、色々な所でちょっとしたスタックやこすりはありましたあせあせ(飛び散る汗)

まあそのあたりの小トラブルは経験も多いのであせることもないです。

ただ、今回でこの水位もわかったので、

また下るときには対策を立てます。

大滝
IMAGE31s000.jpg

大滝その2。上から見てもかなり岩岩してます。
IMAGE31s001.jpg


曲がり戸は1段目も2段目のかなりシビアになってますふらふら

無事通過
IMAGE31s002.jpg

今日は四国でのツアー最終日ということもあり

ガイドもいつも以上に気合パンチが入ってました。

そのためかお客さんも非常に満足してもらいましたわーい(嬉しい顔)

最終日ということはお客さんも知っているので

最後は写真カメラを撮ったり、胴上げが始まったりexclamation

ほんとにいいお客さんでした。


今日のお客さんはもちろん、

今シーズン全てのお客さん、ありがとうございました。


とか言いながら、保津ツアーはまだあるんですよねたらーっ(汗)



いや、初日は1週間長いな〜と思いましたが

結構すぐでした。

「旅行」と考えると長いですが

「滞在」と考えると1週間は短いですね。

特にホームシックにかかることなく

四国の方々となじんでたと思いますわーい(嬉しい顔)

また、冬雪の間にも行きたいですねexclamation×2

るんるんいい気分(温泉)るんるん

2008年10月30日

四国の日々 今日はオフ

キーワード
ラフティング 四国 徳島 美馬市 うだつの町並み 秦眼科



26日から四国の大歩危小歩危にいますが、

今日はラフティングはせずオフです。


ちょうど結膜炎にかかっている左眼の検査に

美馬市の秦眼科にいってきました。

住居と病院が同じ敷地にあるので

本来休診の日曜日にも見てくれましたわーい(嬉しい顔)


視力がく〜(落胆した顔)目検査と眼圧検査も今回は実施。

視力は右1.2、左1.5

イメージよりよかったです。

右は軽い近視が入っているらしく

試しにちょっと度の入ったレンズをかけてみると

2.0のランドルト環もはっきりと見えました。


最近、昔に比べてものが霞んで見えるような気がしてましたが

そうでもないのかもしれません。

ただ、高校までは両眼2.0(以上)あったので

確実に落ちてはきています右斜め下


で、肝心の結膜炎については

あとは日にち薬だそうです。

眼圧検査の結果は特に触れられなかったので

問題はないんだと思います。


帰りに三好市のラーメン屋「阿麺房」で昼食。

いつも駐車場は結構混んでます。

まあまあおいしかったです。



昼からはおとついくらいに借りたDVDを見てました。

京極夏彦原作の「魍魎のはこ」

前半はどうかなと思ってましたが、

後半の展開exclamationは面白かったです。

ただちょっとわかりにくい部分もありました。

原作本を読んでみたいです。


で、これから何をしようかといったところです。

サンリバー大歩危の回数券を持っているので

とりあえずそこにいくつもり。

もう四国の夜はかなり寒く雪、ちょっと鼻水が多めです。


夜は暇かと思っていたけどもそうでもありません。

昨日はツアー後みんなと飯を食いに行き

寝る前に「ブラックジャックによろしく」6−13巻本

を読破してたら23時を過ぎてました。

今日もこれから風呂いって飯を作るか店で食べるかしたら

21時は過ぎてそうです。

でもなんやかんやで今日はのんびりな一日でした。


明日は四国最終日。

小歩危1日ツアーです。

で18時半発のバスで帰ります。

ちょうど明日(10月31日)で四国でのツアーは終了ふらふら

大歩危の最終ツアーと小歩危の最終ツアー

どちらも立ち会うことになりますたらーっ(汗)

おいしいところを持っていった感じですかね。


そういえば、今日は東証1部全面高グッド(上向き矢印)らしいですね。

午前中に何気なく買った銘柄の株価が上がっていたので

今売ればとりあえず四国での滞在費用有料くらいにはなりそうるんるんですが、

もっと長期保有することにします。

2008年10月29日

小歩危1日ツアートレ(29日)

キーワード
ラフティング 吉野川 四国 大歩危 小歩危 徳島県 高知県


30日は小歩危ツアーです。

なかなか水が減ってきましたが、

それでも迫力のあるツアーでした。


2段の瀬も順調。
IMAGEss003.jpg

サーフィンではお客さんが見事な沈!
八墓村ばりです。
IMAGEss004.jpg


大滝は一段目で危うく落ちかけました
IMAGEss000.jpg

でもどうにか持ち直し、核心部分へ
IMAGEss005.jpg

今日も結構良いところ行きました
IMAGEss001.jpg

曲がり戸も無事通過
IMAGEss002.jpg


おとといの小歩危ツアーでの反省を活かし、

よりよくなったと思います。

ただ、細かい部分やバックフェリー

まだまだな部分があります。


これからの課題ですね。

30日はツアーもなく、川に出る人もいないのでオフ

いためている左目の経過観察のために眼科行った後は

ブラブラと四国漫遊でもしようかなと。


2008年10月28日

大歩危ツアー(28日)

キーワード
ラフティング 高知県 徳島県 吉野川 大歩危 小歩危

今日は大歩危半日ツアー2本

かなりの渇水ということもあり

昨日の小歩危1日ツアー

のような激しさはないものの

なかなか苦戦しました。

大歩危峡も風光明媚なところです
IMAGEso000.jpg

3段の瀬
IMAGEso001.jpg

ここはメインフォールに行く前に

バックフェリーでのエディキャッチ

を使うんですが

それがなかなかうまくいかず

午前も午後も完璧にはこなせませんでしたふらふら


バックフェリーは今シーズン入ってから意識しだした技術。

なかなかうまくいきませんが

これを習得すればもう少しステップアップ右斜め上できる気がします

ガイドになってからしばらくは

「フォールでパドルを入れる」

がテーマでしたが

これよりしばらくはこの

「バックフェリー」

および

「バックからのエディキャッチ」

が自分の中のテーマになると思います。


うまくいかない部分も多いもうやだ〜(悲しい顔)ですが

それだけ攻略する部分が多いということ。

非常に楽しみになってきましたるんるん


ただ、大歩危ツアーは今日が今年最後がく〜(落胆した顔)

もう少し時間がほしかったがく〜(落胆した顔)

でもバックフェリー自体は保津でもできます。

要練習です。

バックフェリーだけのトレーニングでもしようかな。

明日は小歩危一日コース

池田駅近くの池田温泉(銭湯)にでもいこうかな、と。

2008年10月27日

小歩危トレ(27日)

キーワード
ラフティング 大歩危小歩危 吉野川 四国 アウトドア

徳島県 高知県 池田市 三好市 早明浦ダム


四国吉野川修行の様子です。

クリックで拡大。

今日は小歩危客乗せーー

鉄橋の瀬
IMAGEs000.jpg

2段の瀬の2段目
IMAGEs001.jpg


小歩危峡
IMAGEs002.jpg


大滝1
IMAGEs003.jpg

大滝2
IMAGEs004.jpg

大滝のメインフォールはかなり沈みました。

少し水多めのときなら危なかったかも。

でもどうにか無事通過。

曲がり戸IMAGEs005.jpg
落ちかけるもどうにか無事復帰。



吉野川はなかなか難しく、反省点も多々ありましたが

ある程度の手応えもつかみました。

当初、平日に何してんだろうって感じもありましたが

池田の町並みが肌に合い、

なんかずっとここに居たみたいな気がしてきました。

たぶん街の都会レベル(田舎レベル)が

地元とよく似ているからだと思います。

2008年05月24日

天竜川ラフティング

キーワード
ラフティング 天竜川 ビックスマイル 保津川


先日、天竜川でラフティング

をしてきました。


本来、行くことはあまりないのですが、

中学生の修学旅行のため、団体ツアーがあると言うことで

毎年この時期はヘルプでガイドの募集がかかります。

で、ビックも参加。


ただ、僕は天竜川は初めてexclamation

修学旅行という学校行事ということもあり

かなり前から日程は決まっていた(春前には決まっていたかな)ので、

だいぶ楽しみにしていましたわーい(嬉しい顔)

ここが現地のツアー会社の場所でありゴール地点tenryu000.jpg

この日の水量は通常くらい(時又:−4.2m)ということ。

それでもほんとに流れのない瀞場はほとんどなく、

常にさらさら流れていました次項有

実際、12kmを1時間半くらいで下りました。

京都の保津川では

4kmを1時間半かけて下るので、

かなり感覚が違います。


瀬もチョコチョコとあってテンポはいい感じ。


ただ、ホール(落ち込み)系バッド(下向き矢印)ではなくてウェーブ系ばかりです。

やはり

毎年の河川改修で年々おとなしくなっている

との事もうやだ〜(悲しい顔)


江戸時代には

暴れ天竜

として恐れられたがく〜(落胆した顔)面影も、今はありません。

まあそれでも数年に一度は大増水するらしい様です。


瀬のほとんどが川の真ん中に

心地よいウェーブが続く形

何ですが、

おそらく理由は河岸工事による流れの人口的な河岸形成によるものたらーっ(汗)

と推測される。


両岸がきれいな形のため、

ウェーブは真ん中できれいにまとまっているんだろうと思う。

で結構岸には

テトラポットが多い(特に左岸)


それだけは要注意exclamation×2



川の感想まとめると

よく言えば、テンポよく流れていく心地いい川。

悪く言えばメリハリのないちょっと退屈な川。

です。


保津川と激しさは同レベルにランクされていますが、

メリハリグッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)なら保津川テンポ次項有なら天竜川かなと。


あと、天竜川タイプの川は増水時は瀬がつぶれてしまうので

楽しめないかもしれない。






朝に下見で一本下り、午後から生徒を載せて下る。

午後からはいつも向かい風が吹くと聞いていたが、

本当にかなり強く吹いて大変でした。


まあ、それ以上に修学旅行は大変。


生徒の着替え、移動、写真のたびにてんやわんやわーい(嬉しい顔)ちっ(怒った顔)がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)ふらふら

生徒は250人ほどいたので仕方ないか。

あっちで集合写真カメラ撮る、いやこっちだと

先生同士でけんかが始まる始末たらーっ(汗)

片方は白髪のいわゆる「おじいちゃん先生」

元気でいいですね〜。



現地ツアー会社「Run about」に到着したビックカー&ガイドtenryu001.jpg


ボートのポンプアップも一段落し、生徒が来るまでちょっと一息晴れ
tenryu002.jpg


ちょっと田舎でいい環境でした。

帰りにと考えていた焼肉が食べられなかったのがほんとに残念もうやだ〜(悲しい顔)

次は食べーるexclamation×2
ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。