ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)

2010年10月03日

劇場版機動戦士ガンダムOO(ダブルオー) 感想

劇場版機動戦士ガンダムOO ダブルオー 水島精二 サンライズ 刹那・F・セイエイ
ガンダムクオンタ 脳量子波 ヴェーダ イノベイダー ソレスタルビーイング

劇場版の機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)

観てきました。


膨大な敵の数、それに立ち向かうためTVシリーズでは敵対していたもの同士が手を組む、
迫力のあるアクションシーン。
僕の満足度は高いです。


ただ、一言でいうと「賛否両論」だと思います。
Gガンダムやターンエーガンダムの時のように
今回のダブルオーもガンダムの新しい境地を切り拓いてます

その点で賛否(好き嫌い)が分かれるでしょう。

僕は好きでした。



以下ネタバレあります。



なんと言っても今回の目玉は、

ガンダム史上初めて「異星生命体」が登場したこと。

1979年のTV放送開始当時のガンダムの特色のひとつとして
マジンガーZや宇宙戦艦ヤマトに代表されるように
それまでのヒーローものや宇宙もののパターンである
「人類VS宇宙人」ではなく
あくまで「人類VS人類」の戦いを舞台とし
どちらがあくとも言い切れない描写をした点がある。

ガンダムはあくまでも人と人の争いに主眼をおき
それぞれの背景描写を緻密に詰めることで
単純な勧善懲悪にならないように製作されていた。

その原則にのっとり、
30年間の作品で異星生命体(宇宙人)が登場したことは無い。

それが今回登場した。しかもメインどころの敵として。
(敵と言う表現は善悪を決めないガンダムにおいて
 適切でないかもしれませんが、分かりやすくするためあえて使用します。)

ここに一番抵抗を感じる人が多いのではないか。


しかしダブルオーのなかで、ソレスタルビーイングの存在意義について
創始者イオリア・シュヘンベルグは
「人類を革新へ導き、来るべき外宇宙との対話にそなえる」
ことと提唱している。

1stシーズンから「外宇宙」というキーワードは出ていた。
その時点で劇場版のシナリオがどこまでできていたかは分からないが
ガンダムシリーズで唯一異星生命体を意識している作品といえる。

それを免罪符にガンダムに異星生命体を持ち込んだ。
これに僕は賛成である。

異星生命体による絶対的な人類の危機により、
AEU・ユニオン・人革連はさらに結束を高めた。
おかげでTVシリーズでの敵同士が力を合わせる場面が生まれた。

個人的に一番びっくりしたのはエンディングロールが終わって最後の場面。
年老いたマリナ姫のもとに数十年ぶりに刹那が訪れる。
その刹那が異星生命体と融合している点には驚いた。

確かに、戦闘の最後で刹那は
異星生命体も相手を理解するために融合を求めていることを理解した。
その欲求を受け止めた結果、そうなったのだろうか。
そしてそれになぜ何十年もかかったのか気になる。

まだまだ描きたいことはありますが、
それは次回以降に描きます。
タグ:ガンダム
posted by Ty at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場版ガンダムOO(ダブルオー)

機動戦士ガンダムOO ダブルオー 劇場版 サンライズ 異星生命体 ヴェーダ 刹那  

劇場版機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)が先週から公開されています。

噂ではガンダム史上初、地球外生命体(異星生命体)との戦いらしい(・ω・)/

確かにダブルオーでは
「外宇宙との来たるべき対話に備えた人類の革新」
がテーマの1つでした。

とはいうものの、ガンダムという作品で、単純に地球外生命体が出てくるはずはない。

下手をすると、パッと見にはマクロスとかぶってしまいます。

個人的には、例えば「かつて人類が作りだし、廃棄した人工知能」とかそんなオチのような気がします。



どちらにしろ、急に興味が増してきた。

是非観に行かなくてわ!
posted by Ty at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

「屍鬼」 今クール一番面白いアニメ

キーワード
屍鬼 藤崎竜 小野不由美 ジャンプスクエア 集英社 封神演技


今クールのアニメでは、「屍鬼」が一番面白い。

フジテレビの深夜枠、いわゆる「ノイタミナ」で放送中。
木曜の深夜だったか、全国で多少違うようだ。

あらすじ
人口1300人の小さな村、外場村。
まさに過疎の村。ある年の夏、村の住人が次々と死んでいく。
しかも老若男女問わず、みな同じ症状で。
これに対し、村の医者尾崎と寺の副住職室井が原因解明にあたる。
しかし、原因が特定できないまま犠牲者は増え続ける。
どうやら、兼正といわれる場所に洋館が建ち、
田舎には似合わない家族が引っ越してから全ては始まったようだ。
都会から越してきた少年・夏野は何かを感じている。
そして、村に伝わる古い言い伝え「おきあがり」とは・・・。


ジャンプスクエアで連載されている原作マンガは最初の頃読んでいた。
封神演技以来、個人的にはあまり目立たなかった藤崎作品ではあるがあせあせ(飛び散る汗)
これはとても面白かった。

封神演技もそうだが、藤崎氏は原作を噛み砕き、
自分なりに再構築する力が優れているんのでしょうか。

作画の美麗さは相変わらず秀逸わーい(嬉しい顔)

とはいうものの、途中から読まなくなりたらーっ(汗)、アニメを毎週楽しみに視ています。
コミックスも買います。

屍鬼公式サイト
http://www.okiagari.net/

posted by Ty at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング参加中!→ クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。